ホーム治療と検査 > 男性不妊

男性不妊

精子が少なかったり、動きが悪かったり、奇形精子が多い場合には妊娠しにくくなります。これは、ご主人様の精液を検査して確認します。精子に異常が認められるときには、薬を服用して改善を図ったり、人工授精や顕微授精の適応になる場合もあります。
また、精液中に白血球が増えると、妊娠率が低下します。多くは前立腺炎が原因ですが、抗生物質による治療をお勧めします。

実施される検査 ⇒ 精液検査

>> 不妊の検査へ

いしかわクリニック
〒590-0079
大阪府堺市堺区新町5-10 5F

9:30~13:00 16:30~19:00
休診:日・祝日、水曜・土曜の午後
携帯電話からは 072-232-8751

ページトップへ